ヤンチャンがついに出産!! 11月14日放送


11月14日放送の志村どうぶつ園『日本犬の里』


今回の日本犬の里は、ヤンチャンがついに出産!


新しい生命の誕生です!!



スポンサーリンク





えんどぅは出産間近のヤンチャンをずっとそばで

見守る日々が続きました。


妊娠61日めで、いつ生まれていてもおかしくはなく

ヤンチャンは起き上がるのもしんどそうです。


日本犬の師匠の和美さんは、お産が始まる前には爪で

床をガリガリする行動が見られる、と言ってました。


昔、犬は土の上で赤ちゃんを産んだため、生まれた

赤ちゃんがどこかに行かないように地面にすり鉢状の

穴を掘っていた時の名残らしいのです。



そしてついにその日はやってきました。


アマンダとケリーが仕事で里を離れた時、ヤンチャン

が床をいきなりガリガリし始めたのです。


ごはんも全く食べません。かなり辛そうです。


そしてその日の夜、ヤンチャンのガリガリが止まらず

腰を浮かして赤ちゃんを産むような体勢になりました。


えんどぅはすぐに和美さんに連絡。


やはりそろそろ出産のようで、すぐに和美さんが駆け

つけてくれました。



そしてついに出産の時です。


ヤンチャンの体から少し赤ちゃんが出かかっています。


余りの痛さに辛そうな鳴き声を上げる、ヤンチャン。


やさしく体をさする、えんどぅ。


そして1匹目の赤ちゃんが生まれました。


新しい命の誕生です。


ヤンチャンは一生懸命になめて、赤ちゃんの膜を取って

あげていました。


誰にも教わっていない本能からの行動。


そして膜が取れた瞬間、赤ちゃんは「クーン」と鳴き

出したのです。最初の赤ちゃんは男の子でした。


3.jpg


赤ちゃんはすぐにおっぱいを飲み始めるのですが

ヤンチャンの顔が明らかに変わって、本当に優しい

お母さんの顔になっているのです。


そして30分後に2匹目が誕生。2匹目も男の子です。



ちょうどそこにアマンダが仕事から帰ってきました。


2匹の赤ちゃんを見たアマンダは思わず


「Oh my god!」


あんな素のオーマイガーは初めて聞きました(笑)


アマンダは感極まって、声が声になりません。



そして今度はアマンダの前で3匹目の男の子が生まれ

最後の4匹目は女の子でした。


3匹の男の子はヤンチャンと同じ黒胡麻毛なんですが

最後の女の子はお父さんの毛の色の赤胡麻毛です。


3匹の男の子は毛色も一緒でそっくりだけど、それぞれ

おなかの模様が違います。



日本犬の里に生まれた新しい命。

2.jpg

4.jpg



その後今度はケリーが帰ってきたのですが、赤ちゃん

の存在に気付いたケリーも素の「Oh my god!」(笑)





子どもの時のヤンチャン。

yanchan1.jpg

yanchan2.jpg

yanchan1.jpg

yanchan-bakusui.jpg



こんなに小さかったヤンチャンがもうお母さんなんだね。



1.jpg



ヤンチャン、よく頑張ったね。本当にご苦労さま。


本当におめでとう、ヤンチャン。



◆日本犬の里の全ての記事はコチラから。

日本犬の里 志村どうぶつ園 【記事目次】


スポンサーリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。